ザ・コインロッカーズ × YU-JIN 対談インタビュー

――「アイスちょうだい」「君推し!」「secret base ~君がくれたもの~」の印象やポイントを教えてください。

松本璃奈 私が好きなKEYTALKさんは4つ打ちが特徴的なので、同じ4つ打ちの「君推し!」は初めて聴いたときにすごくテンションが上がりました! 曲はかっこいいんですけど、歌詞はすごく可愛いので、そのギャップもポイントですね。今回のミニアルバムには歌なしのInstrumentalバージョンも入ってるので、どちらも楽しんでもらえると思います。

YU-JINさん作曲の「アイスちょうだい」は、初めて聴いたときORANGE RANGEさんみたいな、ザ・夏曲だなって思いました。サングラスかけてウェ~イみたいな、ちょっと弾けたイメージがあったので、これはまた新しい扉開かれちゃうぞ?って感じでしたね(笑)。

「secret base ~君がくれたもの~」は、歌詞の通り10年ごとに何か企画があるみたいで、10年前の8月にはアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が始まって、そういったストーリー性もあって、とてもエモーショナルな意味合いの楽曲になっています。
下島輝星 私は「アイスちょうだい」が、ザ・コインロッカーズの楽曲がこれから変わっていくよというメッセージを提示した曲だと思っています。私たちの曲は意外とじっくり聴かせるテイストのものが多くて、ファンの方とみんなで合いの手を入れてワイワイ楽しめるアイドルソングがあまりなかったんですよ。そこにこの曲が入ってきたので、すごく良い感じにライブでも盛り上がる曲になりました。

その流れで次に出たのが「君推し!」ですね。この曲もライブで盛り上がるアゲ曲です、ギターが中心になっている曲なので、キャッチーでユーモアのある歌詞なんですけど、バンドとしてのサウンドもすごくかっこいいです。こういう歌詞と一緒にこんなロックなサウンドが合わさると、こんな面白い化学反応が起きるんだなって思いました。

「secret base ~君がくれたもの~」については、カバーする曲にも色々な候補があった中、この曲を選んで良かったなと思っています。みんなの声にも合っていますし、解散が発表されたからかもしれませんが、歌詞もすごくザ・コインロッカーズに響くなと感じています。
船井美玖 「アイスちょうだい」は、“ガールズバンドアイドル”という私たちの特徴を目に見えてわかりやすくしてくれた曲だなと思います。作詞のうじたまいさんが面白い言葉のチョイスをしてくださったので、私たちはもちろん、現場でパフォーマンスしていくうちにファンのみんなもハマってくれました。こういう盛り上がる曲をファンの方と共有できてよかったです。

「君推し!」は、ギターが鳴ったところからテンションMAXになれる、めっちゃかっこいいフレーズが入っているんですけど、歌い始めるとちょっと変な歌詞、みたいな(笑)。予習しなくても、ライブではその場のノリで楽しめる曲です。こういう曲にチャレンジすることは絶対ないと思っていたので、個人的には面白いことができたなと思います。

「secret base ~君がくれたもの~」は、リリースのタイミングが、ZONEさんがリリースした2001年のちょうど20年後の夏だったので、運命的なものを感じました。ちなみにメンバーに2001年生まれが4人いるんですけど、生まれ年の曲をカバーできたのにもすごく歴史を感じますね。
森ふた葉 「アイスちょうだい」は、今までと雰囲気がガラッと変わって明るくて盛り上がりやすい曲ですね。ドラムも今までとは全然違う感じで叩いています。歌詞はシンプルで親しみやすいので、歌詞を切り取ってファンの方がよくツイートしてくれます。中国語が入っているのも斬新で海外の方に向けてもアピールできるので、また新しい挑戦のきっかけになったなと思います。

「君推し!」は、ライブではかわいく踊ってるんですけど、バンドの演奏はバチボコかっこいいやんって感じ(笑)。こういう曲をやらせてもらえて嬉しかったです。テンポが速いし手数も多いので、ドラムは今まで演奏してきた曲の中で一番難しかったですね。10人になってからそれぞれが責任感をもった演奏をしてきて、私はこの曲で難しい壁を乗り越えた達成感があるので、とても印象に残っています。

「secret base ~君がくれたもの~」は、ZONEさんの原曲をアレンジして、私たちらしい曲にしてもらいました。原曲とはまた違った良さがあるので、ぜひ聴いてもらいたいです。歌詞は少し悲しい感じですが、バンドの演奏はキメがたくさんあって盛り上がります。
田村愛美鈴 「アイスちょうだい」は、ザ・コインロッカーズの新しい扉が開けた曲ですね。歌詞はうじたまいさんの色が出ていて、覚えやすくてキャッチーで可愛いです。

「君推し!」は、メンバーみんなで歌っているところが今までで一番多いので、全員でワイワイ楽しめる曲になっています。レコーディングでは5種類の音色を使いました。この曲ではすごく大事なところを任せてもらえたので、演奏面でもさらに成長できたと思います。

「secret base ~君がくれたもの~」は、すごく昔から知ってる曲だったので、カバーできたことがまず嬉しかったです。シンセで原曲よりもエモさがプラスされていて、ザ・コインロッカーズのイメージカラーである青と白も感じられる仕上がりになっています。
有働優菜 「アイスちょうだい」は、1回聴いたら忘れられないくらいインパクトの強い曲ですね。この間実際ライブで演奏したんですが、1回練習したらその日ずーっと頭の中でぐるぐるしちゃって(笑)。ライブでも掛け声が多いので、すごく楽しめると思います。

「君推し!」も同じく盛り上がる曲です。バンドスタイルではまだやっていないので、早くバンドの演奏でもファンの方にしっかり見せたいですね。

「secret base ~君がくれたもの~」は、ライブで一回演奏したときにシンセですごく苦戦した思い出があります。キーボードをアンサンブルにしたり、もっとこういう音色がいいかなって考えたり、試行錯誤してすごく苦労しました。ザ・コインロッカーズは10人いるからこそ盛大な音が出せるので、私たちらしさが出た良いカバーになったと思います。
後藤理花 「アイスちょうだい」は、直球のアイドルソングですね。作詞のうじたまいさんは、以前TikTokで公開した曲「ピンクのライオン」も作詞してくださっていて、YU-JINさんは「仮病」「小田急線」という素晴らしい曲を作ってくださって、お二人ともザ・コインロッカーズにとってすごくありがたい存在です。その二大巨塔が最強タッグを組んでくれたのが、この曲です!

「君推し!」もすごくライブ映えするアイドルソングなんですが、ロックサウンドでギターがすごくかっこいいんです。この曲ではキーボードがベースみたいな役割なので、土台を支えるぞ!っていう気持ちで弾きました。いつもはコードを使って自分でアレンジしてましたが、この曲に関しては均等に機械のように弾いたので、また新しいテクニックが学べましたね。

「secret base ~君がくれたもの~」では、ストリングスの音を弾きました。レコーディングでは小節ごとに録らないと指が回らなかったので、ライブでは同期を流さなきゃだめだと思ってたんですけど、みんなの気合いに押されて@JAM EXPO 2020-2021(横浜アリーナ)では同期なしでの演奏に挑戦しました。すごく苦しみましたが、なんとか乗り越えることができたので、最終的には演奏してよかったですね。
絹本夏海 「アイスちょうだい」みたいな曲調がザ・コインロッカーズにずっと欲しかったので、デモ音源を聴いたときはすごく嬉しかったです。歌詞は可愛い感じですが、楽曲はAメロ、Bメロ、サビって聴くと普通にかっこいいんですよ。個人的には特にBメロが好きです。私はこの曲をザ・コインロッカーズの“かっこいい楽曲”と認定してます! 「君推し!」もかっこいい楽曲なので、早くライブで演奏したいですね。

「secret base ~君がくれたもの~」は、原曲を聴きこむほど元々大好きな曲なんですが、同じような原曲のファンの方が聴いても、ザ・コインロッカーズが演奏しているバンドサウンドもいいなって思えるくらい素敵なカバーができたと思います。私たちのファンの方にはもちろん、ファンじゃない方にも聴き心地の良い楽曲になったと思うので、ぜひたくさんの方に聴いてほしいです。
HANNA 「アイスちょうだい」は、ギターソロを考えてバンド感を表現しているので、そこをぜひ聴いてほしいです。「君推し!」は楽曲がめっちゃかっこいいので大好きです。ギターのワウ奏法っていうのを今回初めて取り入れたので、そこに注目してほしいですね。

「secret base ~君がくれたもの~」は、聴いていると「みんな10年後は何してるのかな」「結婚してるのかな」とか考えちゃいますね(笑)。今までのライブでは、みんなが知っている「憂鬱な空が好きなんだ」を最初にやって足を止めてもらおうとしてたんですけど、この曲が増えたことでまた足を止めてくれるきっかけが増えたかなと思います。

――特典のDVDには『青春LOCKER2021~青春とバンドは、楽しくてメンドクサイ~ @ 新宿BLAZE』の映像も収録されていますね。

下島輝星 ライブ映像が円盤化されるのは、今回が初めてなんです。ファンの方からは円盤化してほしいっていう声もいただいていましたが中々できなくて、最後に叶って良かったです。新宿BLAZEは13人体制が終わって、10人体制になる節目のライブだったので、みんな最後は号泣してた記憶がありますね。
森ふた葉 ちょっと見たときに優菜がやばかったよ!(笑)
下島輝星 結構みんなボロボロ泣いてましたね(笑)。一曲一曲で「あぁこの曲もこのメンバーでやるのは最後か」って考えながらパフォーマンスした思い出があります。Zepp Hanedaに立つのは10人ですが、新宿BLAZEの13人での映像も見て、ザ・コインロッカーズにはこういうメンバーがいたなって思い出してくれたら嬉しいです。

――では最後に、12/22のZepp Haneda公演への意気込みと、自分にとってザ・コインロッカーズとはどういう存在かを教えてください。

HANNA メンバー10人の大所帯でやっているバンドは他にないし、すごい経験をさせてもらいました。ギターのメンバーもみんな経験が浅い中で頑張ってきて、私たちが成長していく過程も、ファンの方にしっかり見せられたと思います。Zepp Hanedaもみんなすごく練習に励んでいるので、最後まで一緒に音楽をしましょう!
絹本夏海 ザ・コインロッカーズでは、自分たちの楽器の音でどれだけ思いを伝えられるかを意識してきたので、最後のZepp Hanedaでは3年間の思いを一気に放出して、ギターのサウンドで全てを伝えたいです。「ステージ」の歌詞にもありますが、こんなに必死になったことは今までの人生でないので、自分よく頑張ったなって思ってます。
後藤理花 Zepp Hanedaは、最後に良い音を届けて笑顔で終わりたいなという思いを込めてセットリストを決めました。ミスや間違いを考えないくらい、余韻に浸りたいです。私はずっと一人でピアノを弾いていたので、最初はバンドで演奏するということがわからなくて落ち込んだときもありましたが、ザ・コインロッカーズはこのメンバーだからこそ輝ける場所だったし、3年間やってきたメンバーとの絆は固いです。解散してからは、友達としての付き合いも始めたいなって思ってます(笑)。
有働優菜 ザ・コインロッカーズは、私を成長させてくれた場所です。バンドでキーボードを弾くのはこれが初めてで、最初は右も左もわからなかったですが、少しずつみんなでアンサンブルができるようになって、本当に成長したと思います。ファンの方もそう感じてくれていると思うので、Zepp Hanedaでは3年間の私たちの集大成をしっかり表現して、自分の気持ちを悔いなく演奏に乗せて伝えたいと思います。
田村愛美鈴 3年前を思い返すとみんな大人になったなと感じます。想像以上に辛いこともあったけど、絶対に普通じゃ見られないような景色を見られました。Zepp Hanedaでは一曲一曲、3年間の思いを込めて弾きたいと思います。メンバーみんなで演奏するのも最後なので、メンバー一人一人の背中を目に焼き付けたいです。
森ふた葉 メンバーが38人から13人になって、10人になって、本当に色々ありました。この一言に尽きます。楽屋ではわちゃわちゃして楽しかったですが、その反面、大人の方についていかなきゃいけないことや、コロナの影響でライブが思うようにできなかったことなど、辛いこともありました。色々なことをこの10人で乗り越えてきたからこそ、バイバイするのは悲しいですが、Zepp Hanedaでは3年間やってきた曲を悔いの残らないよう演奏して、良いものを届けたいと思います。
船井美玖 Zepp Hanedaは本当に最後の集大成になります。セットリストも自分たちで話し合って決めました。私たちが大事にしている曲が一人一人違うように、ファンの方にも一人一人大事な曲があると思いますが、自分が好きなザ・コインロッカーズが絶対に見られるライブになるので、楽しみにしていてほしいです。ザ・コインロッカーズでは、後ろで支えてくれているみんなの音や笑顔があったから、私は何も心配せずに前だけを見て歌えました。3年という短い時間でしたが、それでもちゃんと成長できてるって感じられるくらい、周りの方に助けていただきました。
下島輝星 Zepp Hanedaは何があっても来てほしい。そういうつもりでこっちもやってます。セットリストはもちろん、誰が弾くかまで自分たちが考えたのは、今回が最初で最後になりました。ザ・コインロッカーズって、演奏するメンバーを決めるとき揉めないんですよね。一人一人の特色をみんなわかっているから、「この曲はあの子だね」ってすぐ決まるんです。私はあまり学校に行かなかったので、3年間同じゴールを目指す仲間という存在は、ザ・コインロッカーズが初めてでした。メンバーは友達だなんて言えないです。いい意味で適当で、なんでも言い合える仲間だったと思います。
松本璃奈 Zepp Hanedaは本当に最後のライブになります。結成当時と今で、曲の雰囲気も衣装も見た目もガラッと変わっているので離れちゃったファンの方もいると思うんですけど、これまでの3年間を全部出すのでみんなにぜひ見に来てほしいです。ザ・コインロッカーズは自分のすべてでした。辛いことも楽しいことも、色々なことを経験させてもらった場所でした。メンバーとのすれ違いやファンの方からの色々な声もあって、悔しいことだらけでしたが、最後は笑顔で終わりたいと思います。

取材:長澤智典
文:南明歩
2021年11月24日

*HANNAはリモートで参加、Emilyは欠席


【プロフィール】
ザ・コインロッカーズ

ザ・コインロッカーズ

未だかつてない総勢10人組のガールズバンドプロジェクト。「夢は弾いてかなえろ!」をキーワードに掲げ、2018年にオーディションを実施、約1万人の応募から楽器、バンド経験、国籍、年齢も様々な38名をメンバー選出し、2018年12月23日にバンド結成。 2019年6月19日にドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ)の主題歌「憂鬱な空が好きなんだ」でデビューを果たす中、全国ライブハウスにて約150本の武者修行ライブを敢行。2019年12月、結成1周年を記念したZepp Tokyoでのワンマンライブを機にメンバー編成をリニューアル、13名での活動をスタート。2020年5月にセカンドシングルとなる「僕はしあわせなのか?」、7月にグループ初となるデジタルシングル「夢がない僕が夢をみたんだ」をリリース。10月にはMBS/TBSドラマイズム「荒ぶる季節の乙女どもよ。」エンディングテーマ「仮病」を配信リリース。2021年3月に2年間の活動を詰め込んだ1stALBUM「青春とバンドは、楽しくてメンドクサイ」をリリース。6月に開催したアルバム記念ライブをもって10人でのバンド編成となる。バンド?アイドル?かかってこい!ザ・コインロッカーズの明日はどっちだ!


【MUSIC VIDEO】

「アイスちょうだい」Music Video

「secret base 〜君がくれたもの〜」Music Video


【商品案内】

■初回限定盤

■通常盤

1st Mini Album『ステージ』
2021.12.8 Release

◎初回限定盤(CD+DVD+PhotoBook)
4,400円(税抜価格4,000円)/ WPZL-31916~17

Amazon / Raktenブックス / HMV / Tower Records / TSUTAYA

<CD収録曲>*初回限定盤・通常盤共通
1. ステージ
2. アイスちょうだい
3. 君推し!
4. secret base 〜君がくれたもの〜
5. ステージ<Instrumental>
6. アイスちょうだい<Instrumental>
7. 君推し!<Instrumental>
8. secret base 〜君がくれたもの〜<Instrumental>

Bonus Track『群青ミラージュ』
9. 夢がない僕が夢をみたんだ-TikTok Ver. / 10. ソーダ水の恋/ 11. ボボーイミーツガール/ 12. スキスキスキ/ 13. サマサマサマー/ 14. 夏の大三角/ 15. ピンクのライオン/ 16. NoNoNo / 17. 話したい/ 18. Lookin'Up / 19. ピース/ 20. Higurashi / 21. 夕焼けアルペジオ/ 22. 8月の約束/ 23. 憧れバイバイ

<DVD収録> *初回限定盤 Only
・「アイスちょうだい」Music Video
・「アイスちょうだい」Dance Ver Music Video
・「secret base ~君がくれたもの~」Music Video
・Mini Album『ステージ』Making Movie
・青春LOCKER2021~青春とバンドは、楽しくてメンドクサイ~ @ 新宿BLAZE

<封入特典> *初回限定盤・通常盤(初回プレス分のみ)共通
オリジナルトレーディングカード 1枚(全9種よりランダムで1種)


【ライブ情報】

ザ・コインロッカーズ 「3周年!夢は弾いてかなえる!」

■日時:2021年12月22日(水) OPEN 17:30 / START 18:30
■会場:Zepp Haneda(TOKYO) (https://www.zepp.co.jp/hall/haneda/)
■出演:ザ・コインロッカーズ
(有働優菜、Emily、絹本夏海、後藤理花、下島輝星、田村愛美鈴、HANNA、船井美玖、松本璃奈、森ふた葉)

■VIPチケット(指定席)FC受付のみの販売 15,400円(税込) 別途ドリンク代
※前方座席確保、メンバーサイン入りオリジナル席番プレート、VIPオリジナルグッズ付き

■指定席 6,600円(税込) 別途ドリンク代

ローソンチケット L code:73627 〉https://l-tike.com/thecoinlockers/
チケットぴあ P code:204-815 〉https://w.pia.jp/t/thecoinlockers-sb/
イープラス 〉https://eplus.jp/thecoinlockers/

〈詳細はこちら!〉
https://www.thecoinlockers.com/schedule/?id=453