2ndシングル特設ページ | ザ・コインロッカーズ オフィシャルサイト

-後編-
秋元康プロデュースのガールズバンドとして、41人の大所帯でスタートを切ったザ・ コインロッカーズ。目標に掲げていた2019年12月23日Zepp Tokyoでのワンマンライブをソールドアウトすることができず、わずか活動期間1年で13人に再編成されることになる。希望に胸を踊らせて努力を続けてきた彼女たちの気持ちは、想像に難くない。
 そんな彼女たちが新たに「ガールズバンドアイドル」というコンセプトのもとで再始動する。5月27日には2ndシングル「僕はしあわせなのか?」をリリース。青春時代の淡い気持ちが込められた歌詞に、13人全員で演奏されたバンドサウンドに乗せて放たれる、疾走感溢れるナンバーだ。新たなスタートを切ったザ・コインロッカーズ。メンバー13人へのインタビューを3回に渡って公開。彼女たちの新たな青春が、いま、始まる。



――今回、カップリングは、また「僕はしあわせなのか?」と違う色を持ちつつも、まさにバンド感をすごく感じられる「コインロッカーの中身」「孤独でいることに慣れてしまった」「マジでピンと」と3曲が収録されています。

下島 「『コインロッカーの中身』は、ライブでこの曲を始めるとすごいアドレナリンが出てしまうくらい、元気な曲ですね。もう最初がめちゃくちゃ早いギターのイントロで、普段は難しくてうまくいかなくても、ライブだとアドレナリンが出て、演奏ができてしまうくらい! すごくお客さんとも一体感を持って、盛り上がれる曲になっています」


田村 「めちゃくちゃ盛り上がれる曲で、私はオルガンをけっこう激しめに弾いています」


有働 「この曲は、シンセの音を、打ち込みじゃなくて私たちが弾いているので注目して聴いてほしいです。アレンジもすごい良くて!」


松本 「歌っていても、思わず拳を上げたくなってしまうくらい、ロックな曲です」


田村 「『孤独でいることに慣れてしまった』は、ザ・コインロッカーズでは初めてとなるバラード調の曲です。オルガンを弾きながら、とても切ない気持ちになりました」


下島 「『孤独~』の歌詞を初めて見た時、秋元さん、私のことを書いているのかな? って思うくらい自分のこととリンクして……。“午前2時のファミレスが一番ホッとできる”とか、“こんな夜にはギターを弾いて自分のために歌おう”とか……。この曲は、リードギターをやらせていただいてのですが、その分、感情を込めて弾くことができました」


宇都宮 「この歌詞は、孤独を強がっているように見えるんですけど、そうではなくて、孤独って楽しいものでもある、って受け入れる感じになっていると思います」


後藤 「『マジでピンと』は、すごくポップでキャッチーな曲で、すぐに覚えることができました。ある意味、バカになって聴けるところがいいな~って!すっごく楽しい曲ですね。 どんなに落ち込んでいる時でも、この曲を聴けば笑顔で元気になれるはずです」


有働 「この曲で、私は初めてオルガンに挑戦しました。ピアノじゃない弾き方を学ぶことができて、すごくいい経験になりましたね。ピアノの音もサビで裏打ちなんかが多くて。とにかく、ポップな曲だしみんなで楽しく盛り上がれると思うので、早くライブでもやりたいです!」


――メンバー全員、コンセプト、新曲を含めて新しい青春を走り初めているような印象を受けます。いよいよ新体制がスタートしますね!

後藤 「そうですね、表題曲の『僕はしあわせなのか?』は老若男女、幅広い方に青春を感じてもらえる曲になっているし、本当に多くの方に聴いていただきたいです!」


宇都宮 「グループとしても、イメージとして青春感というのを感じていただけたらと思うし、青春真っ只中の学生の方はもちろん、大人になっても、ザ・コインロッカーズを聴いてもらえたら青春を思い出してもらえるようなグループになっていきたいと思っています。パフォーマンスもどんどん磨いていくので、ライブにも来ていただいて、生で私たちと一緒に青春を感じていただけたらうれしいです!」